家創りで大切にしていること。。。 家は「買うもの」でなく自分が暮らすために「創るもの」 。。。家族と自分のための、世界にひとつだけの家創り。 ご相談ください。

メルセデス Aクラスセダン 発表

独メルセデスベンツは7月26日、『Aクラスセダン』

(Mercedes-Benz A-Class Sedan)を発表した
歴代『Aクラス』で、4ドアセダンの設定は初となる

メルセデスベンツは2018年4月、中国で開催された

北京モーターショー2018において、『AクラスLセダン』を初公開
今回発表された『Aクラスセダン』は、AクラスLセダンの

標準ホイールベース仕様
AクラスLセダンは中国専用車だが、Aクラスセダンはグローバルモデルとなる

Aクラスセダンのホイールベースは、2729mm
これはハッチバックの新型『Aクラス』と同一サイズとなる
ボディサイズは全長4549mm、全幅1796mm、全高1446mm
Aクラス セダンでは、エアロダイナミクス性能を追求。

空気抵抗を示すCd値は0.22
メルセデスベンツによると、現行『CLAクーペ』を凌ぎ、

量産車で世界最小のCd値になるという

室内空間は、セグメント最高レベルを追求
後席足元の空間には、944mmのゆとりを持たせた
トランク容量は420リットル
トランクの開口部は、950mmの幅を持つ

欧州向けAクラスセダンのパワートレインには、1.33リットルの

直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定
最大出力は163hp、最大トルクは25.5kgmを発生する
トランスミッションは7速デュアルクラッチ「7G-DCT」

を組み合わせている

同車に最新のコネクティビティを採用すると発表した
同車では、デジタルコクピットが選択可能
2つの高精細ワイドディスプレイ(最大10.25インチ)を設定
この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合した

コックピットディスプレイとした
メルセデスベンツが新開発した「MBUX」も採用
MBUXとは、メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンスの略
MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用
ユーザーが「ヘイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、

音声認識アシスタントが起動
ユーザーの求めるさまざまなサービスを提供する
「メルセデス・ミー」も最新版にアップデート
Car-to-X通信が可能となり、緊急ブレーキ、ESPの作動、

ドライバーからのSOS送信などのデータを
車両から車両へ通信し、この情報に基づいて、安全なルートを

ナビゲーションする
さらに、駐車の際に車両が衝撃を受けた場合や牽引された場合、

車の所有者にメッセージを送信する機能もある
メルセデス・ミーのアプリは、ダッシュボードのモニター画面上の

アイコンとして配置でき、他のアプリと同様、自由にホームページ上で

ソートできる
さらに、ガソリンや軽油の価格、駐車場の空き情報のなどの

オンラインコンテンツをMBUXに表示できる

セダン派のはすごく嬉しいニュースです。
コンパクトカーはほどんどが2BOXタイプ、
セダン派には売れると思います
このデザインで、コクピットはもうSクラス、

サンルーフも付いている・・・
これならSクラスではなくAクラスでも十分・・・
日本で発売されたら見に行きたいです