家創りで大切にしていること。。。 家は「買うもの」でなく自分が暮らすために「創るもの」 。。。家族と自分のための、世界にひとつだけの家創り。 ご相談ください。

VWの電気自動車3兄弟

気になる記事が・・・

2020年から市販されるVWの電気自動車3兄弟
2018-02-07VW3_0.jpg
2018-02-07VW4_0.jpg

市販化に向け開発が進む3台の電気自動車に試乗
ディーゼル・スキャンダルからの立ち直り策の一環として電動化を選択したフォルクスワーゲンはグループ全体でこのテーマに取り組んでおり「TOGETHER」という戦略の下で2025年までにVWブランドだけで100万台のBEV(バッテリーEV)を市場に送り込む計画を発表している

この計画を後押したカタチになっているのが欧州だけでなく中国やインドなど世界各国の政府が打ち出した内燃機関の販売禁止令で、早い国では2030年から、あるいは中国のNEV法のようにある程度の割合でゼロエミッションカーを要求している国もある
このタイミングではトヨタやホンダが主張するフューエルセル(水素燃料電池)ではパワートレーンはまだ高価で、さらに水素インフラが追いつかず、電池搭載のBEVが主力となりつつあるのだ
こうした情勢を読んでか、フォルクスワーゲンは2016年のパリ・モーターショーで「I.D.」、翌年の春に上海で「I.D.クロス」、続いて秋のフランクフルトショーでは「I.D.バズ」と3台のコンセプトEVをそれぞれ公開した

ワンモーション・デザインを持ったベースモデル、I.D.は全長4100×全幅1848×全高1530mm、ホイールベース2750mmとゴルフよりは小さいが広いキャビンが与えられている
パワートレーンは167psの電気モーターをリアに搭載、0-100km/hは8秒、最高速度は160km/hと発表されている
I.D.クロスはその名の通りクロスオーバーSUVでサイズは全長4625×全幅1891×全高1609mm、ホイールベース2773mmとなる。ドライブトレーンはフロントに102ps、リアに204psの電気モーターを搭載し、システム出力306psを発生
最高速度は180km/hでリミッターが介入する
0-100km/hの数値は公表されていないが、4秒台に突入するかもしれない

I.D.バズは全長4941×全幅1977×全高1963mm、ホイールベース3300mmとまさにミニバン、ピープルズ・ムーバーである
電気モーターは最強で前後に204ps、システムパワーは374psに達し、0-100km/hは5.3秒とBEV特有のダッシュ力を誇る
フォルクスワーゲンはこの3モデルを中心にEV戦略を進めて行く計画で、今回はその戦略を改めてアピールするためにロサンゼルスに3台を集め、我々ジャーナリストに試乗と、開発陣への取材チャンスを与えてくれたのである

着座位置の違いがそのままキャラクターの違いに
試乗と撮影が行われたのはロサンゼルス市内サウス・グランド・ストリートにある近代建築で有名なウォルト・ディズニー・コンサートホール前だ
この通りは、交通巡査によって封鎖されており、我々が独占使用できるようになっていた
ハリウッドに近いこともあって、警官の手際は良く、通行人もこの種のイベントには慣れている様子が伺われる
そしておよそ500メートルの封鎖道路で3台、それぞれ別々に試乗する
もちろん周囲はスマホを持った人々の人垣ができ、我々はちょっとしたセレブ気分である

まず、最初に説明しておかなければならないのだが、ここに並んだ3台は、ワンオフの貴重なショーカーで、試乗といっても、最高速度は時速45マイル(約70km/h)程度、急なコーナリングやブレーキは控えなければならなかった
一時的に封鎖された道路の試乗のみで語れる事はあまり無いが、少なくともこの3台の差を大きく感じさせたのはドライビング・ポジションだ
I.D.は一番低く乗用車的、I.D.クロスはやや着座位置が高くクロスオーバー的なドライブ・フィールを持っていた
I.D.バズはもっとも高い着座位置で、ミニバンあるいはライトトラックのような雰囲気だ
ドライビング・ポジションに関係なく、走行安定性は驚くほど高く、ステアリング操作に関わらずロールは殆ど感じられない
3台共に面白いほど(もちろん許容範囲内)のスピードでコーナーをクリア、あるいは車線変更を行う事が出来る
これはフォルクスワーゲンがBEVの為に専用開発したMEB(モジュラー・エレクトリック・プラットフォーム)のフロアに配置されたバッテリーによる低重心化が貢献している

当日、参加したデザイナーのアイナー・カスティッリョはVWのEVデザインは基本的に一筆書きのようなワンモーションラインで、タイヤが四隅にあり、視覚的にも非常に安定した印象を与える
それが運転すると実体験として感じられるのがデザイナーとしては一番気に入っている点だと語った
さらにリアビュー・ミラーを止めてカメラに替えた時に、耳の無い顔のようで不安であったが、「アイアンマンにも耳が無かったので安心しました」と笑っていた

15分/400kmの急速充電設備を採用した欧州のIONITY
一方、EVマーケッティングのジェロメーはまずI.D.の意味から解説する
それによると様々な意味が込められているらしい
アイコニック・デザイン(Iconic Design)はEV専用デザイン、インフィニティ・ドライブ(Infinity Drive)は長い航続距離、インスパイアリング・ディメンション(Inspiring Dimension)は広い室内、インテュイティブ・デバイス(Intuitive Device)は直感的に操作確認可能なシステム、インテグレーテッド・データ(Integrated Data)はVW内共通データでオーナーは一度登録すると、VWチャンネル(例えばライド・シェアリング)など全てのシステムで利用できる
…まあ、こじつけ的な感じもするが、確かにこのシリーズに共通する内容で、わかりやすい
またI.D.バズとI.D.クロスは発表時にモデル名が付いていたのに対して、最初にパリで公開されたI.D.には名前が無い理由は「単にまだ決まっていないため」だという
またI.D.ファミリーはクルマを注文する際もこれまでの自動車購入とは全く違ったユニークなシステムを採用する予定である
これまでディーラーで何時間も膝を突き合わせて決めなくてはならなかった仕様なども、コンピューターを通じて7回クリックするだけで好みのクルマに仕上げて、注文出来るように計画をしている

最後に3台の販売スケジュールだが、もっとも早く市販されるのがI.D.クロスで、2020年には中国とアメリカでスタートする
ほぼ同時期にI.D.が欧州向けに出荷される
そして2022年にはI.D.バズが乗用だけでなく、商用として登場する計画が立てられているのである
問題は航続距離と充電インフラであるが、フォルクスワーゲンは電池の効果的なレイアウトやセルの性能向上で一回の充電で500km~600kmは走れると宣言している
またインフラもBMW、ダイムラー、フォードらと「IONITY(イオニティ)」というジョイントベンチャーを昨年11月に結成して対応する
欧州の主要高速道路あるいは大都市に400カ所の急速充電施設を建設する予定で、現在までに最初の20カ所の建設が始まっている
ここでの目標は15分で80%を充電で、走行400kmを目指している
この時間と距離であれば化石燃料使用のクルマに十分太刀打ち出来ると確信しているのだ
自動車業界のパラダイムシフトは中長期的な水素ではなく、まずは電気に向かって進んで行くことを確信したプロトタイプ・ドライブであった

 すごく興味ある車ですよね。
2020年には、電気自動車を購入し、仕事用として使いたいと思っています。
排気ガスが出ない・・・
環境に良い・・・
なんと言ってもガソリン代を節約出来るので大幅に経費節約出来ます。
この3台で選ぶなら
2018-02-07VW1_0.jpg

内装は・・・

2018-02-07VW2_0.jpg

またまた悩みが増えました