家創りで大切にしていること。。。 家は「買うもの」でなく自分が暮らすために「創るもの」 。。。家族と自分のための、世界にひとつだけの家創り。 ご相談ください。

浴槽の高さが10㎝

ほとんどの家がユニットバスの時代・・・

浴槽の高さを決める事がありません、ではなく出来ないんです

理由は簡単

洗い場床と同じ高さに浴槽を置くので高さは決まってきます。

 少し違うのは、浴槽本体の高さ(深さ)が違うだけです

 

昔からの在来工法で浴槽を設置する場合は、高さが自由に

決める事が出来ます

1階に創る時は何にもしなくても自由度は高いです

基礎の立ち上がりが35㎝以上はあるので、基礎の土間に

普通の浴槽を設置した場合、浴槽の高さは25㎝と

低く設置する事が可能ですニヤリ

 

浴槽を低く設置した場合のメリット

またぐ高さが低いので子供でも入りやすい、

お年寄りや足が上がらい人も入りやすいです

 

銭湯や温泉は、10㎝ぐらいしか上がってない所がほどんどです

そんなお風呂を創ったのが

 

 

基礎を掘り下げて、浴槽を設置し高さを10㎝に

 

天井高が2m60㎝もあり普通より高いですが、

浴槽が出てないので更に天井が高く全体も広く見えます。

 

更に浴槽に入って外庭が見えるように低い位置に

窓を設置する事も出来ました。

 

家創りでは、すごく疑問に思う事が沢山あります

創る側の勝手な理由で疑問が発生している事が多いんです

その疑問を解決すれば、

自分の思っているデザイン・使い勝手を手に入れる事が

出来ます。

 

この浴室は、船木自身の自宅です

なんで浴槽が高いの?

銭湯や温泉みたいに、横層を低く下げると広く見えて

デザインも良いのに・・・

その思いから出来た浴室です。

 

建築業界でと思っている事があります。

職人さん、メーカーさんすべてが

 

疑問に思った事を聴くと必ず返ってくる答えが

「出来ない」

その繰り返しでわかった事が

「出来ないのではなく、した事がない、考えた事もない」

という事実が・・・

なんでも決まった事と思い込んでいる業界だったんです

 

それからは、自分で出来る方法を考え、職人さんやメーカー

さんと相談して創るようにしたんです

結果、ほどんどの事が出来る事に

 

「世間では出来ないと思われている物を創る」

さくらハウスでは、そんな家創りに力を入れております。

 

こんな物出来ない?

そんなお客様からのご相談喜んでお待ちしております

 

メール info@sakurahouse-kyoto.jp
FAX 075-366-8990
TEL 075-366-8998

まずは相談から

こだわりの家で暮らしたい方、一緒に家創りをしましょう