家創りで大切にしていること。。。 家は「買うもの」でなく自分が暮らすために「創るもの」 。。。家族と自分のための、世界にひとつだけの家創り。 ご相談ください。

ご挨拶

なぜ家創りの仕事をえらんだのか?

それは子供の頃からの夢でした。greeting_img002
私は自分の部屋が持てない小さなアパート(お風呂もなく、くみ取りトイレ) に住んでいました。住宅のチラシを見ては大きなお家はいいなあ…と、子供心にあこがれを抱きながら、間取りをながめていました。
私が12歳の時、そのあこがれを現実に両親が叶えてくれたのです。覚えているのは朝も晩も一生懸命働いている父と母の姿。嬉しかった!本当に嬉しかったです。
夢をかたちに出来た両親の喜びは一層大きかった事でしょう。
家族に幸福をもたらす家創りの仕事に大きな関心を持ち、学校卒業後、地元の住宅会社に「お客様の夢や希望を実現するのだ。」と意気込んで就職しました。
しかし年を追う毎に会社の方針や考えとのギャップに悩み、私が本来望んでいた方向ではないと思い切り、独立を決意するに至りました。

今ここにある『さくらハウス』は、住宅創りのサポートを通じて、子供の頃に受けた素直な感動を、縁があり巡り会えるお客様すべてに味わって頂けるよう、私の初心貫徹の思いを込め立ち上げた会社です。

家創りで大切にしていること

家は買う物ではなく住む為に造るもの

greeting_img003
お客様の頭の中にある、家創りへの夢や希望をイメージから具体的なかたちにする過程を、一番大切に思います。ここだけは絶対譲れない、これだけは叶えたい「こだわり」は十人十色です。ですからお客様の「こだわり」を細かにお聞きしてからプランニングにかかります。

ご希望の土地探しから、プランニング・建築施工管理・完成チェック迄を担当者が一環して行ない、一棟一棟違う顔を見せる完全オーダーメイド住宅の『さくらハウス』の家創りは、「坪いくら?」と一口に表現するのは難しいです。したがって、低価格のみを追求されるお客様には敬遠されるかもしれません。 本当に良いもの、こだわりを追求されるお客様とご一緒に、心をこめ大切な家創りをしていきたいと思っております。

まず自分で納得してからお客様に提供

例えば、当社では、無垢材をお客様に提供する前にまず、サンプルを仕入れ、『ぎゃらりーさくら』(硬質ウレタンパネルを使用)と同じ条件で木の反りや割れを調べます。
設備に関してもメーカーショールームに見に行ったり、当社のショールーム、『ぎゃらりーさくら』、自宅での使用体験をお話します。また施工させて頂いたお客様宅にご見学していただき直接お施主様に使い勝手、住み心地のお話を聞いていただくこともできます。

新築では断熱材に硬質ウレタンパネル、窓に付いては樹脂サッシ(複層ガラス厚さ20)24時間換気システムを標準施工しております。まず船木が自分自身で住んでみて温度、湿度の変化、光熱費の節約の仕方の良い点、悪い点を体験談としてお話ししています。

リフォームに関しても、新築同様硬質ウレタン断熱材を使用し、施工されたお客様に、良い点・悪い点の体験談をお聞きした内容をお伝えする事を徹底しています。